入所のご案内
入所のご案内

いよいよ本格的な高齢化社会を迎え、私たちをとり巻く環境にも大きな変化のきざしが見えてきました。

そんな中で、健康で自活できるシルバー世代の間で、これからの新しい暮らしを送ろうとする「ケアハウス」が、いま注目を集めています。

「アーベイン八幡平」は、岩手の大自然の中に生まれた、リゾートマンションタイプのケアハウスです。

入所のご案内
入所のご案内

ケアハウスは、個人の自立性を尊重したこれからの人生を積極的に生きたい、と願う方におすすめしたい、新しい形態の軽費老人ホームです。

ゆったりと流れる時間を、人々とのふれあいや趣味など、あなたが最も好きなことに使って頂きたいのです。

「アーベイン八幡平」は雄大な岩手山を真後から望む、八幡平国立公園の裾野に位置します。

四季折々の風景を楽しみながら、大自然の豊かさとやさしさを実感して下さい。

これからの大切な毎日を、より有意義に過ごして頂けることと思います。

平成元年に創設された、軽費老人ホームの新しい形態で、60歳以上の方が安心して自立した生活ができる住まいです。
3度の食事、入浴などのサービスが受けられますが、掃除や洗濯などの家事は各自で行うのが基本。
必要に応じて外部からのヘルパー派遣も可能です。
もちろん、車椅子での利用も受け入れられています。
自炊が出来ない程度の身体機能の低下が認められるか、高齢で日常生活に不安を感じている方が入居できます。
原則として、60歳以上とされておりますが、60歳以上の配偶者もしくは三親等以内の親族とともに利用される場合にはこの限りではありません。
入居は、入居者と社会福祉法人みちのく協会との間で、自由に契約をいたします。

当施設に直接お申し込み下さい。
ケアハウス「アーベイン八幡平」を利用するには、入居時に管理費(家賃)と国が定めた月々の利用料金(生活費・事務費)が必要になります。

管理費は、20年分の家賃を一度に納める一括方式と、100万円以上(2人用の居室の場合400万円以上)の一時金を納め、残りは月々納める併用方式と、月額で納める月額方式を採用しています。
なお、入居時に納められました管理費は、退去時入居月数に応じて返還いたします。

生活費・事務費は、所得(対象収入)による階層区分により決定されます。
国の通知により、毎年度改定されます。

詳しくは、入居料金表のページをご覧ください。

TOP
特定施設入居者生活介護とは
当施設は、特定施設入居者生活介護の指定を受けておりますので介護が必要となった時には

要支援又は要介護の認定を受けることで、当施設の介護スタッフによる日常生活上の介護サービス

を受けることができます。

詳しくは当施設スタッフまでお問合せください。

特定施設入居者生活介護を利用された場合には、特定施設入居者生活介護費用として
要介護度に応じた介護費用がかかります。(介護保険料の一割)