姥屋敷小中学校

〒020-0685 岩手県滝沢市鵜飼安達117-19

電話019-680-2401

学校案内

学区の概要

 本校の学区は、岩手山の麓、標高400m前後の高原地帯に位置しています。そのため初霜は10月上旬、初雪は11月上旬に見られ、残雪は4月下旬まで見られます。
 戦前からの農家のほかに、戦後山形県、福島県など東北各地から開拓農家が入植し、昭和57年には「豊かな村づくり」で天皇賞を受賞しました。また、平成18年には滝沢村の支援を受けながら地域住民の作業奉仕により地域の生活道路を拡幅整備するなど、地域としてのまとまりが強いです。
 姥屋敷、臨安、沼森、花平、鬼越の5地区からなり、地域住民、保護者の教育に対する関心は高く、多大なご協力をいただいています。

本校の沿革

 本校は、明治8年9月、民家を使用した寺子屋式学舎から始まります。平成に入りハンドベル演奏や卓球での活躍がめざましいです。

明治8年 9月 民家を使用し、寺子屋式学舎を開設。
昭和28年3月31日年 現在地に校舎新築移転、姥屋敷小・中学校開設
昭和55年3月30日 小学校新校舎完成
平成22年3月10日 新屋内運動場完成

詳しい沿革や校歌、概要はこちら

本校について

 本校は、小中併設校の特徴を生かした指導に当たっています。

小学校(小学校は完全複式3学級です。)
学年
人数 1 3 4 3 2 1 14
学級数

中学校
学年
人数 1 1 2 4
学級数


↑このページのはじめに戻る

写真:岩手山を背景に校舎
岩手山を背景に、保護者や地域の方々と一緒に上げた鯉のぼりが悠然と泳いでいます。
写真:学びフェスタ
たきざわ学びフェスタでの発表
地域の団結力を示すことができました。
 

アクセス

住所 〒020-0172
岩手県滝沢市鵜飼
 字安達117-19
TEL 019-680-2401
FAX 019-680-2004
E-Mail ubachu@rnac.ne.jp

●JR線「小岩井」駅から8km
●JR線「盛岡」駅から25km
●東北自動車道盛岡ICから15km







↑このページのはじめに戻る