ふくち店長の稲作日記

写真満載!米屋ふくち店長の米作りの日記です。
じっくりご覧ください♪

2016年 5月28日(土) 晴れ 最低12℃ 最高28℃

田植えが終わりました!
5月20日から23日までの超〜暑い4日間で植えたので
最高に日に焼けました〜〜(〃^o^〃)

★ふくち方式の田植えは普通とは全く違う、独特な田植え方法です。
 じっくりご覧ください(^^)
普通の苗箱は底があるので
根は箱の中で絡み合って、底が平らなマット状になりますが、

うちの苗箱は筋状に底の抜けている特殊な苗箱です。
◆4月26日の日記参照(^^)

根はまっすぐ床土まで伸びて、
こ〜んなに根が張っています!
それを田植え当日、
ザックリ切ってしまいます!!(@_@;)

「ひぇ〜〜〜!苗がかわいそうーー!!」と思うでしょ・・・


ところがこれには
田んぼで圧倒的な速さで根付く秘密があるんです・・・(^^)
根をばっさり切ったこの状態で田植え機にセットすると・・・
筋状に底の抜けている苗箱の苗は、
このように筋状に押し出されて・・・
さらに切り分けられて田んぼに植えられます。


根を切ることでイネの防衛本能が働き、
新しい根をすぐに出してくれます(^^)

◆切らないで根が絡まった状態で植えたものは
 今ある根を生かそうとするので、
 田んぼの中で根がまっすぐ直るまで新しい根が出難いんです。
ちなみにこれは、
根を切った苗箱を一晩、田んぼの水に漬けておいたものです。

白いまっすぐな根がピョコピョコ出ているのがわかりますね(^^)

一晩でこれだけ根が出るんです!
この新しい根こそ一番活力があるので、
植えた苗が真っ先に活着する(根付く)のです(^o^)
30℃超えの日もあって超暑かったですが、
田植えは大好き♪(^o^)

乗用田植え機と違って、田んぼの中を「自分の足」で歩くので
「この田んぼは水が温かいな〜」とか
「おっと!ここは深い」とか
「ここの土はトロトロでコシがない」とか
「この土は粘りが強いな〜」とか・・・

ふくち店長の田植えは
作業ではなく、田んぼとの対話なんです♪

足から伝わるいろんな感触がとっても楽しい〜(〃^o^〃)-☆
1株当り3〜5本植えが目安ですが、
たまには0本になってしまう所もあるので、

そういう所だけ、農家のおばちゃん達に
田植え機の後をついて植え直ししてもらいます(^^)
植えたばかりの苗(^^)

人間で言えば、
幼稚園(苗代)からようやく小学校に上がったくらいです(*^_^*)
温度調節や水やり、撫でて刺激を与えるなど・・・
人の手で管理できた苗代から、
いよいよ大自然の中に飛び出します。

これからも温かく見守ってあげてくださいね(^^)
田んぼとの対話の結果・・・
この通り泥んこにはなりますが、

今シーズンの田んぼと対話できた充実感でいっぱい♪♪

これからの米作りにもご期待くださ〜い(〃^o^〃)-☆