ふくち店長の稲作日記

写真満載!米屋ふくち店長の米作りの日記です。
じっくりご覧ください♪

2016年 3月31日(木) 曇りのち晴れ 最低2℃ 最高15℃

北国岩手もようやく本格的な春の到来です♪

雪が極端に少なかった今年は、田んぼの雪が消えるもの早く、
地元農家さんたちへの肥料配達も忙しくなっています(;^_^A

さあ、今年も【ふくち店長の稲作日記】の始まりです。
秋の収穫までじっくりお付き合いください(^^)
3月は寒暖の差が大きかったですが、
お天気の良いときはポカポカ春の陽気♪
うちの梅は満開♪

北国は梅が咲くと桜、桃、杏、木蓮が一気に咲きます!
百花繚乱の北国の春はもうすぐです(^^)
今年も特A受賞しました!!

平成27年(2015年)産米の全国食味ランキングで
当地の岩手県南ひとめぼれが
12年連続21回目の最高位「特A」を受賞しました♪-☆

全国から出品された139産地銘柄米の中から、
12年連続で新潟魚沼産コシヒカリと並ぶ評価を受けています。

もっちり柔らかなひとめぼれの食感を
ぜひ味わってみてください♪(〃^o^〃)-☆
もひとつ新聞ネタ。

岩手県花巻市石鳥谷のたろし滝、
今年2月11日の計測で周囲4m70cmでした!

つららが太いほど豊作と言われるたろし滝は、
ここ2年、氷柱にならず計測不能でしたが、昨年は大豊作!

当たる当たらないは別として、
今年は暖冬と言われた割にはでかくなりました〜!!
米屋ふくちでは農家さんへの栽培指導の参考に、
過去40年間、
毎日の最低、最高気温と天気を記録しています。

この冬は記録的な少雪・暖冬でした。
初積雪がやっと12月27日5cm
最大積雪でも1月24日19cmが最高でした。
しかも
最高気温0℃は3回あったものの、
最高気温0℃未満の【真冬日】は1回もありませんでした!

たろし滝のつららが大きくなったのは毎日雪が解けたからかも?
庭の梅が咲くと、いよいようちの米づくりのスタートです♪

まずは種もみの準備!
赤い袋がササニシキ、
青い袋がひとめぼれの種もみです(^^)

ゼッタイ混じらないように、
もみ袋も、苗箱も、違う色のものを使います。
種を蒔くのはまだ先ですが、
もみの殻を柔らかくして発芽が揃うように
10日ほど水に漬けておきます。
水温は6℃
この温度だと種もみは休眠状態です。

種もみの浸漬は必ず日陰で行ないます。
日なたに置いてしまうと、温度にむらが出て発芽が揃いません。

種まきする前にヒーターで水温を上げて、揃って発芽するようにします(^^)


 ふくち店長の稲作日記を
 今年もよろしくお願いします(〃^o^〃)-☆