ふくち店長の稲作日記

写真満載!米屋ふくち店長の米作りの日記です。
じっくりご覧ください♪

2015年 4月30(木) 晴れ 最低9℃ 最高26.5℃

4月は寒暖の差が極端!
昼と夜の差も大きいです。

いよいよ今年の米づくりが始まっています。
種もみの準備から種まき、苗代へ苗箱の据え付けまで(^^)
まずは4月上旬、種もみを準備します。
青い袋がひとめぼれ、
赤い袋がササニシキです(^^)
種もみを1週間ぐらい冷水に漬けて、
籾殻をを柔らかくしておいてから
種まきの前に水温を上げて芽出しします。
種まきのようす(^^)
手回しの種まき機械で種を蒔いていきます。
うちの苗箱は普通と違う形をしています。

普通は底にぽつぽつ穴の開いた苗箱にバラバラ蒔くのですが、
うちの種まきは
★すじ状に底の抜けた苗箱★に、
土をぎゅっと詰めて、このようにすじ状に蒔いていきます。
上から土を被せて、
たっぷり水をかけたら種まき終了(^^)
後日、
苗箱を苗代に据え付けます。

うちではビニールハウスではなく、
温度管理のしやすいトンネル式の苗代です。

苗床に水をたっぷりやりながら
苗箱を据え付けていきます。
芽が出るまでは
透水性の保温シートをかけてこの上から水やりします。
おまけ(^^)

種まきから苗代作りまでの期間は、
ちょうど地元の春まつりシーズン!!

元ラッパ吹きの私、
4月12日(日)の神社の春季例大祭では
お神輿の先頭で法螺貝をボ〜オォ〜♪♪( ^)o(^ )
1週間後、4月19日(日)は地元の春まつり♪

当店地元、三日町組今年の出し物は
藤あや子の『あや子のお国自慢』手踊りです。
お祭り男の私、
昨年は『恋するフォーチュンクッキー』で
振り付けとセンターを務めましたが、

春まつりの当番は1年置きなので
今年はちょっと控えめに
2列目で踊らせていただきました♪(^^)

お天気に恵まれてサイコーのお祭りでした(〃^o^〃)-☆