店主 出光佐三  

「金の卵」と呼ばれた時代の中卒者を受け入れ、
教育を受けさせることにも力を入れたようです。

学生帽には、出光の校章が入っている。

出光独自の高校教育、社会人教育も行われたようです。

「尊重される人間」とは、現状に甘んじず、より高みを目指す向上心を持ち、 それに向けて
弛まぬ努力をつずけ、仕事を通じて地域や社会に貢献する人間と考えています」と言う、
店主、出光佐三氏のことばから。
人間尊重とは、自分が自分を顧みて立派な人間になること」と言われています。
出光理念の中心は「人間尊重」であると言っています。
出光創業 1911年